FX業者の比較はスプレッドも参考に

これから書くことはFX初心者の方向けにFXトレードの仕組みを解説していく内容となります。取引をする時のコストやスプレッドの意味についてです。

FX取引の際には、手数料が必要な業者もあります。ですが最近の業者の多くは諸々の手数料を無料にしている傾向があります。もちろん、FX業者も利益を得る必要があるので、その他の部分で手数料に代わる仕組みをきちんと取り入れています。

FX業者の利益のひとつとなっているのがスプレッドと呼ばれるものです。これは取引時の差額のことです。取引と言っても、FXの場合は株取引と同様に売りと買いがあります。そして、これらの取引価格には差があります。FX業者によってスプレッドは異なります。スプレッドが狭い業者の方が取り分を少なく設定しているという意味になり、利用者にとっては利益につなげやすいと言えるのです。

FX業者を選ぶ際は手数料に注意が向きがちですが、より効率的に取引するならスプレッドにも着目しておきたいところでしょう。基本的にどこの業者でもスプレッドは1円未満になっている為、この部分だけを見るととても小さな違いにしか感じられないかもしれません。ですが取引を重ねると大きな差になるので、きちんと比較しておきたいところです。

長い時間足のチャートを見てFXをすることが大事

FXで短期取引をするならチャートは分足を見るのが常識だと思って今までやってきたけれど、取引のスパンに関係なく長い時間枠も同じくらい重視してチェックすることが大切だと思い始めたから、徐々に分足よりも時間足を見ていることのほうが増えてきました。

ひとつの取引を数十分で完結させるときなどもほとんど時間足だけを参考にしていて、今のレートが大きな流れから見てどこにいるのかとか上下どちらに動く可能性が高いのかといった情報を得るには、こうした方法を取ったほうが簡単でわかりやすく感じるのです。

分足の細かいローソク足をチェックしてもノイズのような動きに翻弄されて方向を見失ってしまいそうだし、極端に言えば秒単位のスキャルピングでも分以下のラインチャートとは別に時間足も逐一チェックしながら取引をしたほうが安全性は高まると思います。

取引の間隔が短くなるほどレンジ相場で取引することが多くトレンドとは無関係のように見えますが、どんな手法を使うにしても今の流れを意識してFXをしているのといないのとでは間違いなく差が生まれるでしょう。

テクニカル分析を利用したFXトレード

FXトレードを成功させるにはテクニカル分析を利用するのが手っ取り早い方法となっています。

そういったテクニカル分析の中でもMACDやボリンジャーバンドは使いやすいものとして人気があり、精度なども高いものとなっています。

また、割安感や割高感を見るRSIなどもの使いやすいものとなっています。

ただ単に値ごろ感トレードするのではなく、こういったものを積極的に利用してエントリーするのが良い場所でエントリーできる可能性が高まりますし、決済するタイミングなども計れるのでオススメです。

こういったテクニカル分析は口座開設しているFX会社でツールとして提供されていると思うので、無料で利用することができるものとなっています。

こういったツールに特化した会社がありますので、コストの少ないFX会社ではトレードだけをおこない、優れたツールを提供している会社では情報収集するなど、会社によって使い分けるのがFXで勝率を高めたり、利益を得るコツになります。

FXと株式投資をすること

FXの投資家は大勢いますが、株式投資をしている方々も大勢います。近年ではこうした株式投資により稼いで資産を増やしている方々は多くいるといえます。もちろんFXでも資産を増やすことは可能です。これらを両方やってみることはできFXについても株式相場との関係は深くあります。

近年、こうした株式投資にて利益を稼ぐことができる方々が出ている事は円安ドル高が関係をしています。こうした円安が近年続いていることから、輸出企業が沢山ある日本の大企業が大きな利益を稼ぐことができており株式相場全体を押し上げています。これ以外の要因についても当然ありますが、円安が影響をしているのは明らかです。

FXでも円安ドル高になることで、比較的利益が出やすい状況です。為替相場と株式相場は関係性があるため、FXの投資家も株式相場をチェックしておくことは必要になります。また日本だけでなく、海外の相場をみて海外の長期金利等も為替相場の動きには重要になります。

実は男性より女性向き?

FXというと経済に詳しい男性が仕事の傍らでスマートフォンをみながらやっている、、、というイメージが強いですが、実は家庭にいる時間が長い女性向きの稼ぎ方なのです。

まず、家にいてパソコンをオンラインにしていられる時間が長い為、いつでもタイムリーな取引ができます。特に海外市場の動向を見たいのであれば、時差もあるので効率的に作業できる時間が多いのはメリットでしょう。

次に、こちらは誰にでも当てはまるとは限りませんが、性質として男性の方がギャンブルにはまりやすく、リスクを好み、必要以上に大きな金額で取引をしてしまいがちです。

その一方で、スーパーの売り出しで1円単位の差まで気にして出費を抑えようと家計の努力をしている主婦の方がリスクが低い取引を選択しやすいと感じます。確かに大きな出資をすればリターンも大きいですが、FXはギャンブルと近いものがあるので、少ないリスクで確実に、コツコツとお金を増やす事のできる女性の方が向いていると考えます。